イビザデオドラントの薬用成分を解説

イビザデオドラントの薬用成分を解説

イビサデオドラントの薬用成分

イビサデオドラントに配合されている薬用成分はパラフェノールスルホン酸亜鉛と、シメン-5-オールとなっています。
イビサデオドラントに配合されているパラフェノールスルホン酸亜鉛と呼ばれる薬用成分は、アポクリン線にアプローチして汗が過剰に分泌されるのを抑制する働きがあります。
お肌に与えられる刺激が抑えられている成分なため副作用を引き起こすような心配はありません。
ちなみに、パラフェノールスルホン酸亜鉛に汗をかくのを抑える働きがあるとはいっても、ある程度の量の汗はかいてしまいます。


汗は、臭いが発生する原因となるものなのに、汗をかいてしまっても効果があるのか心配になってしまう方は少なくありませんが、汗を完全に止めてしまうとお肌が乾燥してしまって雑菌が増殖しやすくなり、かえって臭いが発生してしまいます。
ですので、汗を抑える効果は適度であることが重要なこととなります。


イビサデオドラントに配合されているシメン-5-オールと呼ばれる薬用成分の働きは、臭いが発生する原因となる雑菌が繁殖するのを抑制するというものになります。
お肌にかかる刺激が、ほとんどないというのが特徴になります。
そして、ワキの下が臭ってしまう原因ともなっている常在菌の働きを抑制する作用もあります。

 

イビサデオドラントの特徴

イビサデオドラントは、ミストタイプの日本人の、お肌の質に合わせて開発されたデリケートゾーンをケアする製品になります。
ミストタイプになっているため、お出かけをしていても簡単に使うことができパッケージについてもデリケートゾーンの臭いを防ぐものだとは分からないようなデザインになっています。


そして、イビサデオドラントは医薬部外品として厚生労働省に認可されています。
そして、近頃注目されているジャムウ成分も豊富に配合されています。
ジャムウ成分とは、完全に天然由来のハーブのことで、植物などがを原材料となっています。
天然由来の素材なので、お肌に刺激がほとんどなく、女性の繊細なデリケートゾーンというパーツにも安心して利用することができるということで注目が集まっている美容成分となっています。


イビサデオドラントは、お肌に刺激や、負担を与えない成分だけが配合されています。
そして、鉱物油や、着色料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、パラベンなどといった添加物が配合されていないため敏感な、お肌の人でも安心して利用することができるようになっています。
持ち運びがしやすいコンパクトなサイズとなっていて、臭いが気になったタイミングで簡単に対策することができます。

参考サイトのご紹介⇒【※効かない?】イビサデオドラントを使った私の衝撃口コミ大暴露!